our concept

一世紀に渡り、 日本中の食卓に幸せを。 その想いを世界へ、 次世代に。

1923年(大正12年)、佐治陶器は萬古焼の卸問屋として三重県四日市市に創業いたしました。車も一般に普及していない時代より、商品を木箱に入れリヤカーで全国各地を飛び回ることで販路を拡大していきました。おかげさまで多くのお客様・窯元に支えられ100年が経ち、佐治陶器の今があります。 佐治陶器は「料理をするあなた」と「食べるあなた」に満足していただけるようにー。という思いを大切にしており、お客様が普段からお使いになるものだから安心・安全であることはもちろん、買ってよかったと思っていただけるような製品の開発・取り扱いを心掛けています。

三重県四日市風景:末広橋梁

三重県四日市風景:鈴鹿山脈

三重県四日市風景:智積用水

ごあいさつ

当社は1923年の創業以来、陶祖 沼波弄山が願った『萬古不易』の想いと共にここ四日市の地で100年にわたり陶器問屋としてあり続けています。 その時代にふさわしい形を模索し続けながら、四日市萬古焼はその形を変え進化し続けました。現在では土鍋をはじめ「火にかけることのできる陶器」として、キッチンツールの要素も持ち合わせ多くの方にお使いいただいております。そんな萬古焼だからこそ、機能的かつ食器としてのデザイン性の両面が必要であり、今後も広く皆様に愛用される商品づくりをこころがけてまいります。 『萬古不易』の想いを受け継ぎ、更に次の100年も窯元ともに協力しながらお客様にご満足いただける製品をお届けできれば、これほど嬉しいことはありません

代表取締役社長佐治卓弥

a greeting from yokkaichishi mie

概要・沿革

社名 佐治陶器株式会社

創業 大正12年

資本金 1,000万円

代表 佐治 卓弥

事業内容 陶器の卸販売

所在地 〒512-0902 三重県四日市市小杉町332 tel:059-331-1171 fax:059-331-7431 mail:banko2@saji.co.jp

営業時間 09:00-18:00

休業日 土、日、祝日/お盆/年末年始

社歴 明治20年 創業者の実父が斉木伊三郎商店を開業 大正12年 佐治英次郎が佐治英次郎商店を四日市市浜一色町に創業 昭和17年 企業合同により近畿合同販売会社に参画 昭和20年 終戦前に合同販売会社を解体、業務休止 昭和21年 代表者に佐治英次郎が就任し、戦災地でヤマエ佐治商店として再開 昭和41年 佐治陶器株式会社に改称資本金1000万円 佐治英三が代表取締役社長に就任 昭和46年 倉庫を四日市市小杉に開設、事業拡大 平成元年 本社を四日市市小杉に移転 平成18年 佐治英三が代表取締役会長に就任佐治卓弥が代表取締役社長に就任 平成19年 佐治英三が経済産業省より旭日双光賞を叙勲受賞

E S T 1 9 2 3

©sajitouki Co., Ltd.

main logo main phrase SNS & CART & Nav-Switch icons top slide counter