2016年5月

「調理するうつわ」陶器製のスキレット【萬古焼】

桜が舞った春を惜しみながらも、色とりどりの皐月やつつじが咲き競う季節になりました。
ゴールデンウィークにはご家族が揃われるシーンも多いのではないでしょうか。

そんなお休みには是非お仲間に加えていただきたい、「調理するうつわ」陶器製のスキレットのご紹介です。
陶器製でお手入れかんたん、注ぎ口があり、もち手は少し上向きで丸みを帯びているので、持ちやすいのもウレシイですね。
グリル、オーブンに、レンジにと、使用可能なスキレットです。

陶器製 スキレット【萬古焼】

陶器製 スキレット【萬古焼】


■魚焼きグリルで

ハンバーグ 普段のお得意メニューをこのスキレットに変えるだけでCafé気分!
まずは王道、堂々のハンバーグから・・・!
いつものハンバーグの種を温めたスキレットに仕込み、魚グリルへ。
焼き色がついたころ裏返して、もう一度グリルへ入れて、15分~。

陶器製 スキレット【萬古焼】

お肉に焼き色がついたころ、冷凍のミックスベジタブルやコーンを隙間に入れます。
ブロッコリーや、人参、かぼちゃなどの根菜もいいですね。

陶器製 スキレット【萬古焼】

出た肉汁に、ケチャップとウスターソースを加えてソースを作りましょう。
いつものハンバーグが超ジューシーに・・・♪
ナイフを入れると肉汁たっぷりです!!!

陶器製 スキレット【萬古焼】


■かぼちゃとショートパスタのグラタン

バターで一口大にカットしたかぼちゃと下茹でしたパスタを炒めたら小麦粉を振り牛乳を入れます。
ひと混ぜして塩こしょうし、スキレットに仕込みます。チーズのせて。

陶器製 スキレット【萬古焼】

陶器製 スキレット【萬古焼】

魚焼きグリルでもオーブンでも、焼き色がつくまで焼いて出来上がり。

陶器製 スキレット【萬古焼】

陶器製なので、熱の伝わり方もやさしく、温かいお料理をそのままテーブルに出せますね。


■魚焼きグリルで アヒージョ

アヒージョはにんにく風味のという、食材をオリーブオイルで煮込んだスペイン料理の一つです。
この器なら本場のアヒージョだってお手のもの。。。

陶器製 スキレット【萬古焼】

① スキレットににんにくのスライス1かけ分とオリーブオイル大3入れたらグリル3分。 

陶器製 スキレット【萬古焼】

② 次に輪切りのエリンギ2本とタコ100g位を入れて10分グリルします。途中混ぜましょう。

陶器製 スキレット【萬古焼】

③ パセリのみじんを振りかけ出来上がりです。

陶器製 スキレット【萬古焼】


■鶏肉のチーズ焼き 

塩こしょうした鶏肉に、粉チーズをのせて、こんがり焼いたお手軽な一品。
このスキレットを使えば立派なメインデイッシュになりますよ。

陶器製 スキレット【萬古焼】

から揚げ用のものを使えばもっとお手軽。      
スキレットに塩こしょうした鶏肉を入れて、グリルし焼き色を付けます。

陶器製 スキレット【萬古焼】

ここにフライパンで炒めたきのこや玉ねぎをのせます。 更に粉チーズを振って焼きあげます。

陶器製 スキレット【萬古焼】


■ダッチベイビー

さて、今年はブームが来そうなドイツ風のパンケーキ。

陶器製 スキレット【萬古焼】

60年ほど前にアメリカの老舗パンケーキ店で生まれたと聞きました。
それにはこのスキレットが大活躍いたしますョ!
焼き上がりに、はみ出るほどのパウダーシュガーとフルーツやクリームをのせたら、あの憧れの「ダッチベイビー」の完成です!                                            

陶器製 スキレット【萬古焼】

陶器製 スキレット【萬古焼】


陶器製 スキレット【萬古焼】

スキレット1台分の分量でご紹介します。

① スキレットには薄く油をしき、余熱しておきます。
② ボールに卵1個と牛乳大3(50℃)を合わせ、バニラエッセンス少々、薄力粉大4・砂糖小1を混ぜます。
③ 余熱した①にバター大1を溶かしたらここへ②を流しオーブン210℃で15分焼きます。  

冷やごはんに残り物のビーフシチューをのせてドリアにしたり、 いつものメニューや残り物を、スキレットを使って素敵にリべイクいたしましょう。。。。  


この「スキレット」は、佐治陶器までお問合せ下さい