2013年8月

毎日食べるからこそ、美味しいごはんを極めたい

近年、「美味しいご飯」を求めて、高級炊飯器が随分売れているそうです。
また、遠赤効果でふっくら炊き上がる土鍋ご飯も大変人気ですし、
久々に再登場したガス炊飯器も話題になっています。
日本人は、お米が好き。ご飯が好き。
美味しいご飯を食べる事への追及は留まるところを知りません。

美味しいごはんを美味しく保存「おひつ」

美味しくご飯を炊く事を極めたら、次は「美味しく保存」にこだわりたいものです。

「黒釉おひつ」萬古焼
コロッとまあるい陶器製のおひつ。



ラーメン鉢:佐治陶器

「黒釉」というのは、鉄分を含み黒色に発色した釉薬。
この黒い釉薬が遠赤効果を高めてくれるんです。
マットな優しい黒が、またいい雰囲気のおひつです。

ラーメン鉢:佐治陶器

おひつごとレンジで温めることができ、このおひつで温めればふっくらモチモチ炊きたてごはんをよみがえらせてくれます。

ラーメン鉢:佐治陶器


陶器素材の無数にある細かい気孔が、ご飯の水分を吸収したり、放出したりして、水分調整を行ってくれるんです。
だから、ごはんの乾燥を防いでもちもちの美味しいご飯を保存できるというわけ。

ラーメン鉢:佐治陶器

更に、陶器のおひつは、ごはんの臭いを吸着し、黄ばみも臭みも防いでくれるので、風味を損なわない美味しいごはんが保存できます。
また、木製と違い、カビにも強く、お手入れも簡単なのが特徴。


ラーメン鉢:そば

■「おひつ」の使い方

①まずは、炊き立てごはんをおひつに移しかえます。
空気に触れたごはんが余分な水分を蒸発し、その余分な水分を陶器おひつが吸水してくれます。
だから、ごはんに艶がでて、もちもちのごはんになるんです。


ラーメン鉢:キムチ雑炊

更におひつでごはんを保存する場合は、なるべく炊き上がりすぐのごはんを移しかえて保存しましょう。
ごはんの劣化が始まる前におひつに移して保存しましょう。


②ごはんを保存する場合は、おひつに移したごはんが冷めたら、おひつごと冷蔵庫で保管します。


ラーメン鉢:お鍋

③再度食べる時は、おひつをレンジ加熱すれば、陶器の遠赤効果でふっくら炊き立てのごはんを復活させます。


ラーメン鉢:なすベーコンの煮びたし

ラーメン鉢:ビビンバ風 ラーメン鉢:ビビンバ風

④このおひつ、ごはんが”もっちもち”でも、意外とくっつきません!
さっと洗えて手軽に使えます!


ラーメン鉢:ビビンバ風


⑤シンプルスタイルでこぶりサイズだから、お皿感覚で食器棚に収納できるのもポイントです。


ラーメン鉢:カレー

■おひつ活用術

◆おひつはエコ


ラーメン鉢:そうめん

一度に大目にごはんを炊いて、半分はおひつで冷蔵庫保存。
次に食べる時はレンジ加熱して食べれば炊飯器で2度炊いたり、長時間保温しておくよりも電気の節約になり、ラップも不要です!


◆冷凍ごはんもデパ地下おこわもレトルトごはんもおひつでチン!


ラーメン鉢:ころうどん

冷凍保存していたごはんは、自然解凍できたらおひつに移してレンジ加熱しましょう。
水分調整して遠赤効果で美味しいごはんをよみがえらせます!
レトルトごはんやデパ地下で買ったおこわなどもぜひ、このおひつで温めて下さい。


◆炊き込みごはんも美味しく!


ラーメン鉢:野菜サラダ

炊き込みご飯だって、ふっくら美味しく保存してくれます!
大き過ぎないサイズにシンプルデザインだから、食卓テーブルに出してもマッチします。
「ごはんお代わり!」の対応も手軽ですね。
おひつを囲んでいただく食事はいいものです♪

◆贈答用に

ラーメン鉢:佐治陶器

お祝いごとに「お赤飯+おひつ」で贈答用としての活用はいかがでしょう?
家に持ち帰ったお赤飯を、この陶器おひつで温めなおしてもらいましょう。
お祝いしてくれた方々にも、炊き立てのお赤飯を召し上がっていただけます!


◆いなりずしも美味しく

inari

朝一で作ったおいなりさん、おひつに保存してお昼に食べました。
あら、意外にもいなりがふわふわ!?
これは予想外の美味しさ!!!
巻きずしやちらしずしも美味しく保存できそうです!


◆おにぎりもおひつで保存

   

おにぎりなら、温めずにそのままが美味しいです。
ラップで保管しておくより、「断然美味しい!」と思いました!
とにかく、子供達に大好評です♪


◆どんぶりごはんをおひつで保存

don

おひつ活用も後半。ちょっと冒険してみました。
残った親子丼をおひつに入れて冷蔵庫保存。
翌日、そのままおひつごとレンジ加熱してみたけれど、美味しいじゃないの!!
ごはんを保存することに長けたおひつ、さすがです!


◆市販のおやつをおひつで保存


◆市販のおやつをおひつで保存
do-natu

夏は暑いから、なんでも冷蔵で冷やしたくなります。
水分調整に優れたおひつに期待して、おやつのドーナツをおひつで保存&冷やしてみました。
これも大成功♪美味しいじゃないの♪
水分調整の達人陶器製おひつ、という視点で考えると、ごはんにこだわらず実はいろんなものを保存できる万能選手!?また、保管の際は、水分を含んだまましまうとシミやカビ、嫌な臭いの原因となります。
しっかり乾燥させて水分を除いてから収納する事をお勧めします。

”黒釉おひつ”

かつて木製だったおひつも、どのご家庭でも電子レンジが便利に使われるようになった今、木製から陶器製のおひつとして生まれ変わりました。
陶器製になった事で、活用法も広がり、今後も更に便利でエコで美味しく保存できる陶器のおひつが見直されていくのではないでしょうか。

美味しいごはんを美味しく保存。
日本の古き良き知恵と伝統が新しいスタイルで便利になって受け継がれていく、、、
ぜひ、おひつのある生活を。

商品につきましては、佐治陶器へお問合せ下さい

Back Number

過去のシーン

2013/
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月
2012/
8月/9月/10月/11月/12月